On Your Mark
GHIBLI
ジブリなこころいき





ジブリな心いき
〜 6分40秒が起こした奇跡 〜

スタジオジブリ
ジブリ実験劇場『On Your Mark』より



あまりにもマイナーで、その存在すらほとんどの人に知られていないという作品
『On Your Mark』
ココではあえてその幻の作品についてとりあげていきたいと思います。



このアニメOn Your Markとは
1995年に公開された『耳を澄ませば』の際に同時に公開された
6分40秒間の短編映画です。
そもそもこの異例の短編アニメ作品の製作するきっかけとなったのは
ジブリファンのチャゲ&アスカが宮崎駿さんに同名の曲のプロモーションフィルムの製作を
依頼したのがはじまりなんだとか
なので、この作品には人物達の会話(言葉)などは一切入っていません。
(効果音は入っています)
そして、かわりにこの作品の題名の由来
On Your Mark がかかっているという訳です。



”On Your Mark な世界観”

この作品の設定は風の谷のナウシカの続編ということになっています。
あのナウシカの時代から何千年が過ぎた今
地上を覆い尽くしていた腐海はなくなり
また生き物の頂点に君臨していた蟲達の姿も、もう見えません。
そして再びこの世には文明がおとずれたのです

『もう何も恐れることなく安心して生活のできる世界』

しかしその平和であるはずの地上のいたるところには放射能汚染の看板が・・・・・
人々は放射能で被爆する恐怖から逃れるために
再び地上での生活を捨て放射能の届かない地底で生活することとなったのです。



”ちょこっとストーリー”

この作品のスタートは警官隊が近未来的な乗り物で
武装したカルト宗教聖NOVA'Sの建物に突入していくシーンから始まります。

建物に突入した警官隊は建物内部で宗教信者達との激しい銃撃戦に発展
数々の部屋に潜む信者達を容赦なく射殺し、そして無差別に手榴弾を投げ込む警官隊

『いったい正義とは何なのか?』

騒ぎが無事鎮圧した頃にはあたり一面信者達の死体だらけ
そんななか生存者の確認をしている最中偶然にも
銃撃戦に巻き込まれなかった部屋を見つける2人の警官
【そう、コレがチャゲ&アスカのイメージキャラなのです!!】
恐る恐る部屋の奥へと入っていく二人
と、そこには白い翼の生えた少女が監禁されて横たわっていました。
彼女は見るからに衰弱しきっていて意識すらない危険な状態
そんな状態の少女を助け出す事に成功した二人は今まで感じたことのない喜びをあじわう。
しかしそんな喜びもつかの間
政府は翼の生えた少女を貴重な実験材料と判断し
救ったばかりの少女を彼らから連れ去ってしまったのです。
突然の出来事に呆然と立ち尽くす二人

『本当にこれで良かったのだろうか・・・・。』

それからというもの思い出すのは白い翼の少女のことばかり
そして彼らは決心するのです。

自 分 達 の 命 を 賭 け て で も 彼 女 を 救 い 出 し て や る

・・・・・と。



”ひとくちメモ”

実はこの作品には2つのラストが用意されていて途中に話の分岐点となるシーンが出てきます。
どんなシーンなのかは言えませんが、一方の選択肢はバッドエンド
そしてもう一方の選択肢は当然ハッピーエンドとなっています。

どちらのラストを信じるかはあなたの考え方次第です、、、、



”On Your Mark な感想”

作品の内容についての感想は
翼の生えた少女はナウシカそのものだと思いました。
あと作品を見た人ならわかると思いますがラストで地下摩天楼から飛び出し外の世界が映ります。それを見る限りでは木や草などが茂り綺麗な水と浄化された空気に満ちていて
とても放射能に汚染されているとは思えません。
むしろ放射能の汚染を恐れ外の世界を知ろうとしないあまり
勝手な思い込みでただ地底に住み着いているだけのように思えます。
全体的に見ての感想はと言うと、、、、
いいです!すごくいいです!!
正直言ってジブリ作品の中でも最も良い作品だと思います。
時間にして6分40秒しかありませんが、その短い時間の中にもしっかりとしたストーリーがあり
そして見るものを釘付けにする不思議な感じがします。
見た後とても爽快な気分になりそしてもう一度見たくなるようなすばらしい作品です。

是非一度皆さんも見てみることをお勧めします!!!



■ 蒼空の軌跡 [ホームページリンク用バナー]

▲BACK▼